LINEで送る
[`evernote` not found]

ポケモンGO(ポケGO)このページではマップ上に点在する『ジム』を効率よく攻略していくための情報まとめです!!自分の周りにジムがない・・・レベルが低くてジムバトルに勝てない・・・そんなプレイヤーも安心の方法を紹介!おすすめのチーム情報も合わせて紹介!ぜひ参考に!
チームとは

ポケモンGOは3チームに分かれてジムを奪い合うゲームです。

「PokémonGO」の目的は陣取りゲームです!プレイヤーは赤・青・黄のどれかのチームに所属して、ジムを奪い合います。ゲームの画面に写っている赤い建物がジムです。
チームの種類

はじめてジムに入ると「青・赤・黄」のチームに参加できる!!

黄:チーム インスティンクト (サンダー)
青:チーム ミスティック(フリーザー)
赤:チーム ヴァーラー(ファイヤー)

黄:チーム インスティンクト(サンダー)の説明

スパークがリーダーのチーム インスティンクトはポケモンに対して以下のような見解を持つ。
『ポケモンの誕生に秘密があると思っている。そしてポケモンは直観に優れた生き物だという。』

青:チーム ミスティック(フリーザー)の説明

ブランシェがリーダーのチームミスティックはポケモンに対して以下のような見解を持つ。
『ポケモンの知恵は想像以上に深いもの。そんなポケモンたちが進化する理由を研究している』

赤:チーム ヴァーラー(ファイヤー)の説明

strong>キャンデラがリーダーのチーム ヴァーラーはポケモンに対して以下のような見解を持つ。
『ポケモンは人より逞しく、強い。そして心が温かいの。ポケモンの強化を研究することで、彼らと共に心の強さとはなにかを探求している』

参加するチームによってパラメーターやゲームの進め方に差はあるのか?

チームによるパラメータ補正はありません。

チームに入ってもポケモンの強化がしやすかったり、パラメーターやゲームの進め方に違いが出てくることはないので、ひとまずは共感できる主張や好きな色からチームを選ぶのもいいかもしれません。
チームの参加方法

トレーナーをレベル5にしよう!

簡単にはチームに参加させてくれない(笑)トレーナーレベル5にならないと参加することすら出来ません!
まずはトレーナーレベル5を目標にプレイしましょう!効率の良いトレーナーレベルの上げ方は下記から参照して下さい。

ジムにいこう!

レベル5になったら、画像のにある建物を目指しましょう!すでに赤や青や黄になっていても平気です!どこでもいいので入りましょう!

チームを選択しましょう!!

ジムに入ると、博士の説明の後にそれぞれチームからの説明を受けます!
好きなチームを選んで参加しましょう!
自分がどのチームに参加してるか忘れた場合

プロフィール画面を見ましょう!

プロフィール画面の右下には、プレイヤーが参加しているチーム
チームを変更したい!

ヘルプセンターに問い合わせましょう。

それなりの理由が必要となりますが、公式ヘルプセンターからチームの変更を申し出ることができます。

ヘルプセンターをタップ!

「モンスターボールのボタン」をタップして「設定」をタップしましょう!その次に「ヘルプセンター」をタップしましょう!

「リクエストを送信を選択」!

「ニックネームや所属チームの変更」という部分をタップして運営に申請しましょう!
チームの陣取りの戦略

現実世界の位置情報を利用した陣取りゲームです。ジムは日本だけでなく、世界中のあらゆる街にありますので、ただ闇雲にジムバトルを繰り返すだけではチームのジムを増やすことができません。画面のマップをみながら、どの相手ジムをおとすか、どのジムから攻略していくかを考えましょう。

攻撃側:人が少ないところを攻めよう!

現実の世界とリンクしていることから、相手チームが手を付けていない場所から攻略するのがおすすめです。どこにジムがあるのかはマップ画面をみましょう。
効率よくポケモンを育成して、進化・強化するのにも、他のジムのことを知っておかなければなりません。アプリを起動して、実際に歩きながらポケストップでタマゴやモンスターボールを入手するのもあり!そうすることで、経験値も入りトレーナーレベルも上がりますよ!穴場スポットを見つけましょ!歩いた距離はメダル獲得にもつながりますよ――!(小声

守備側:仲間とジムトレーニング!ジムレベルと名声を上げる!

ジムにはトレーニング機能があります。仲間のジムにアクセスすることで、ポケモンとトレーニングできます。それによって、名声があがり、守りが固くなります。
どのタイプのポケモンが安定して勝てるかというような、プレイヤーの戦闘スタイルを決めることにも繋がりますよ!仲間のジムのポケモンを攻撃して倒しても、相手チームのものになるわけではないので安心してください!